平成も残り1ヶ月を切ったようで、来月から令和

新元号の発表ででた号外がボッタな値段でメルカリなどで出品されてる

ニュースで号外が配られる場面が映ってたけど、クソ多い人が揉みくちゃになって号外を我先にと求める姿はカオスでワロエナイ

やっと手に入れたであろう号外はくっちゃくちゃのシワシワ(笑)

あの人混みの中のどれぐらいがメルカリ出品でウホウホしてやるぜって思ってんだろうな

まぁ俺もあの場にいたら最速でコジってるな

そんなコジの俺も覇王翔吼拳を撃たざる得ないのが、リアル店舗のハードオフや古本市場でゲーム関連のものを探しに行った時だ

数年前ならフラッと立ち寄って「こんなのあったなぁ、しかも安いし買おう」って思うことが多くて、近くを通る機会がなくてもワクワクしながら頻繁に通ってた

それが今じゃリアル店舗はしっかりと値段をネットで調べてるみたいで高いもんは高いし安いもんはゴミみたいに安い

なんもおもんねー

しかも首を傾げざるを得ないのが高額なプレミアのゲームソフトなどはネットで買うよりかなり高めの値段設定

そんなことしてたらリアル店舗行かないくなるし、ワクワクしない

でも思い返せば因果応報

昔は個人店などのファミコンショップやゲームショップや書店、CD屋さんがどこにでもあった

それが大型リサイクルショップ店が各地で増えてくると、上記の個人店はすっかり見かけなくなった

そして今度はフリマアプリがリサイクルショップ(リアル店舗)を捕食している

まるでいきものの進化だな